そもそもキャッシングって

そもそもキャッシングって何なのでしょうか。
今当たり前のようにお金を借りれるようになっていますが
冷静になって考えてみるとすごいことだと思いませんか?

厳選な審査をするといっても、見知らぬ人にその日のうちに
お金を貸すって普通に考えたら一般の私たちには到底不可能な ことですよね。
それに厳選なっていったってその日のうちに貸しちゃうんですから
正直借りている側からすると全然厳選な感じはしません。

※実際にはカードキャッシングサービスを提供する会社ごとに
効率の良い審査基準を設けているたまもののおかげで即日融資が可能になっているかと思います。

キャッシングってそもそもなんだったのか?
こういった疑問をひも解くには歴史を知ることで理解が出来ると思います。
キャッシングというのは消費者金融が提供するサービスです。
Wikipediaの消費者金融(歴史) を見ると古くは銀行からサービスが始まり、
戦争を経て色々な角度から金貸しの サービスが生まれていったということがわかります。

時代によって提供する金利もサービス内容も変わっていったのですね。

ここから感じられることは相対的な、相互関係の信頼関係が変わったのではないかと
管理人は考えています。
いうまでもなく金利は年々上限金利が引き下げられています。
金貸しが始まったころはあり得ない金利が設定されていたようですが、これはなぜかというと、貸す側も前例があまりなくどのくらいに設定して良いかがわからなかったのではないか?
そう思うのです。
当然借りる側も同様に比較対象がないので提示される金利が普通だと考えるでしょう。
また貸す側からすると、本当に貸したお金が返ってくるのか?
そういった不安は絶対にあったと思います。
金利が引き下げられているのには様々な要因があると思いますが、 時代がたつにつれ、
このあたりがいい具合という数値が導き出されたのではないだろうかと 管理人は勝手に思っています。

本題に戻ります
キャッシングとはそういうものだと思うのです。
今普通に存在するサービスではありますが、今は時代を経てサービス自体に
磨きがかけられていると思います。
まあ借りないことに越したことはないのですが、
昔に比べるととてもいいサービスに なってはきていますね。